おりものの症状から排卵日を予測

おりものと排卵日の関係

排卵日を予測する方法:基礎体温表、排卵日検査薬があります。
おりものの症状からもある程度、排卵日を予測することができます。
排卵日が近くなると、頸管(けいかん)粘液と呼ばれる 粘度の高い分泌液が出るようになります。

排卵日になると糸をひくくらいの強い粘度の分泌液(おりもの)になります。

おりものの粘度は、排卵日が近づくに連れゼリー状になっていきます。
ゼリー状状態の時が排卵日になります。
おりものの量は排卵日が近づくと増えます。

おりものの症状から排卵日を予測する

おりものは時期によって、粘度と量が変化します。
おりものの量と粘度の変化を確認して、排卵日を予測する方法を「子宮頚管粘液法」と言います。

排卵日におけるおりものの状態

  • おりものを指に付けて伸ばすと10cm近く伸びる
  • 色が白から透明になる
  • おりものを水に入れても溶けない

おりものの状態を調べる方法は、指をきれいな状態にして、膣の奥まで入れて、分泌液をとるのが一般的な方法です。

おりものの量と粘度は、生理前、排卵日、生理後で比べると違いがあります。
生理開始から9日前後経過すると、粘度のあるおりものが出始めるようになります。

排卵日が近づくと粘度の高い透明なおりものが2、3日続くようになり、おりものを指でとってみると10cm程伸びるようになります。

この時が、排卵日が近い時の症状です。
おりものの状態による確認法には、個人差がかなりあります。
排卵検査薬を併用することで、排卵日であるかどうかをより明確に確認することが出来るようになります。

不妊鍼灸で妊娠された方の喜びの声
体外受精前に妊娠でき、今、8カ月目です
冷えが改善し、鍼で初めて妊娠できました

初めての移植で妊娠できました H.K様 35歳 足立区

タイミングから始めた不妊施術もなかなか効果が出ず、2年たって家の近くにあったすずらんさんへ。
体外受精と並行して通い、少しずつ受精卵が良くなり、初めての胚盤胞移植で妊娠できました。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

順調に体外受精に進めました M.U様 44歳 茨城県

2年間、不妊で何度もくじけそうな気持ちになっていましたが、先生の人柄、言葉もあり、自然と頑張れている自分になれました。適格な鍼灸施術と妊娠においてのメンタル面においてとても感謝しています。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1,2回目は流産。3回目の移植で妊娠 M.H様 39歳 さいたま市

鍼灸開始5か月後くらいに3回目の排卵では数もとれて、グレードはアップしました。移植後、無事妊娠し、順調に経過しています。

妊娠前、妊娠後ともに血流を良くすることはすごく大事です。不妊症の方は、施術の選択肢の一つとして考えてみるといいと思います。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回限定料金~不妊専門のすずらん鍼灸院

執筆者

すずらん鍼灸院 院長プロフィール

https://tokyo-slc.net/wp-content/uploads/2024/05/shinkyu-road1-7.pdf
すずらん鍼灸院 院長プロフィール

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許

はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体

奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

すずらん鍼灸院