クロミフェン療法について – 不妊鍼灸お悩みQ&A

Q クロミフェン療法は、どのような治療ですか?

Q タイミング法で妊娠できず、次のステップに進むことになりました。クロミフェン療法を行うと聞きましたが、いったいどのような治療を行うのですか?また、クロミフェン療法の妊娠する確率はどのくらいですか?

 不妊治療の基本ステップとして、初めに6大不妊検査を行った後にタイミング指導を行います。

タイミング指導は通常6か月行われますが(但し、個人差有り)、6か月間、タイミング指導を行っても妊娠できない場合には、次のステップとして薬物療法が行われるようになります。

薬物療法は3つのタイプがある

薬物療法は、生殖器官の状態によって主に次の3つに分けられます。

■クロミフェン療法
クエン酸クロミフェンと呼ばれる内服液による治療を言います。
比較的症状の軽い排卵障害に行われます。

■hMG-hCG療法
ゴナドトロピン療法とも言われます。hMG注射とhCG注射の二つの注射を行います。クロミフェン療法よりも強い排卵作用があります。

■ドーパミンアゴニスト療法
ブロモクリプチンやテルグリッドと呼ばれる薬剤を使用して行われます。血中プロラクチンの異常が原因で排卵障害や無排卵を起こしているときに行われます。

クロミフェン療法は症状が軽い場合に使われる

クロミフェンは、無排卵の治療薬として最も使われている薬です。

クロミフェンは、視床下部や脳下垂体に排卵が生じるように働きかけを行い、卵胞の発育を刺激するようになります。クロミフェンは、生理周期の5日目から、1日1錠ずつ、五日間内服し、内服してから2週間後に排卵を促すことを目的とします。

1錠で排卵が起きない場合には、1日2錠と増やしていきます。

なお、3錠以上に増やすことも可能ですが、社会保険上は1日2錠までしか認められず、3錠以上になると保険適応外となります。

通常は、2周期、または3周期行い、それで排卵しない場合には強い排卵誘発剤を用いるようになります。

(画像:荒木重雄 医学書院 不妊治療ガイダンス改定第2版)

どのくらいの確率で排卵するの?

クロミフェンと言われる排卵誘発剤でどのくらいの確率で排卵するかも気になるところでしょう。

体質や病院によって確率は変わりますが、4人に3人、つまり75%の確率で排卵が起こると言われています。

クロミフェン療法による妊娠の確率は?

クロミッドによる妊娠する確率は、おおよそ20~30%と言われています。これは自然妊娠と同レベルの成功率になりますが、病院によって開きがあると言われています。

クロミッドによる成功率を高めるためには、不妊の原因を正しく理解し、原因に合った適切な治療を行うことが大切になります。

不妊の原因を精確に診断するためには、不妊治療で実績があり、評判のよい医療機関を選ぶ必要があります。

医療機関によって成功確率が結構違うので、総合病院よりも専門医が良いでしょう。

排卵が起こり、着床するためには、体が正常に働くように体を整えておく必要があります。

不規則な生活や偏った食生活を見直すことはもちろん、体の機能を整える方法として、鍼灸を行うこともお勧めしています。

鍼灸は弱った免疫を向上し、体の機能を正常にし、生殖器官の働きが向上する作用があります。

常に最善の状態で不妊治療に励むと良いかと思います。

不妊鍼灸で妊娠された方の喜びの声
体外受精前に妊娠でき、今、8カ月目です
冷えが改善し、鍼で初めて妊娠できました

初めての移植で妊娠できました H.K様 35歳 足立区

タイミングから始めた不妊施術もなかなか効果が出ず、2年たって家の近くにあったすずらんさんへ。
体外受精と並行して通い、少しずつ受精卵が良くなり、初めての胚盤胞移植で妊娠できました。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

順調に体外受精に進めました M.U様 44歳 茨城県

2年間、不妊で何度もくじけそうな気持ちになっていましたが、先生の人柄、言葉もあり、自然と頑張れている自分になれました。適格な鍼灸施術と妊娠においてのメンタル面においてとても感謝しています。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1,2回目は流産。3回目の移植で妊娠 M.H様 39歳 さいたま市

鍼灸開始5か月後くらいに3回目の排卵では数もとれて、グレードはアップしました。移植後、無事妊娠し、順調に経過しています。

妊娠前、妊娠後ともに血流を良くすることはすごく大事です。不妊症の方は、施術の選択肢の一つとして考えてみるといいと思います。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回限定料金~不妊専門のすずらん鍼灸院

執筆者

すずらん鍼灸院 院長プロフィール

https://tokyo-slc.net/wp-content/uploads/2024/05/shinkyu-road1-7.pdf
すずらん鍼灸院 院長プロフィール

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許

はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体

奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

不妊鍼灸について詳しくはこちら

この記事に関する関連記事

すずらん鍼灸院