OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の副作用 – 不妊鍼灸お悩みQ&A

Q OHSSとはどのような症状ですか?

Q 排卵誘発剤は不妊治療として有効であるが、その中にOHSSと呼ばれる副作用のリスクがあると聞きました。そもそもOHSSとはどのような症状ですか?OHSSにかかりやすい体質のようなものはあるのでしょうか?

 

 排卵誘発剤は不妊治療の有効な手段として知られています。特に無排卵症の症状に有効で、妊娠の確率を高める治療法として用いられます。

排卵誘発剤は、薬による力で強制的に排卵を促すため、タイミング法と比べても妊娠の可能性が高まりますが、その反面、副作用のリスクも高まります。

排卵誘発剤による副作用として、最も知られているのがOHSS(卵巣過剰刺激症候群)です。

OHSSは、お腹や卵巣が膨れ上がり、お腹や胸などに水がたまって腫れてくる症状を言います。

OHSSの症状について

OHSSが生じているかどうかについては、ご自分で確認できる場合と、病院でのみ確認できる場合があります。

ご自分でわかる症状としては、「お腹や胸が膨らんでいる」「痛みを感じる」「体調不良が起きている」などで確認することがあります。

病院では、外部に現れる異常な症状はもちろんですが、レントゲンや精密検査による検査のほか、ヘマトクリット値や白血球数からも確認することができます。

 

【自分で分かる症状】

  • お腹が腫れる
  • 腹痛および腰痛
  • 肥満
  • 吐き気、めまい
  • お腹が張る
  • 頻尿
  • 下痢

 

【病院で分かる症状】

  • 卵巣の腫れ・膨らみ
  • 腹水(胸水)
  • ヘマトクリット値の異常値
  • 低血圧
  • 白血球数の異常値

 

OHSSにかかりやすい体質

OHSSにかかりやすい体質は次の通りです。

  • やせ形
  • 卵巣の働きが活発な比較的若い世代
  • 卵巣に多数の卵胞が存在している
  • エストラジオールの値が高い

OHSSの症状が重くなると、血液循環にも悪影響を与え、その他の疾患を誘発する恐れがあります。そのため、特にOHSSの発症率が高いHCGのような誘発剤を使わない医療機関もあります。

妊娠を強く望む患者さんにとっては、リスクを恐れては妊娠できないという現実もあります。

排卵誘発剤の使用は、お医者さんはもちろんですが、患者さんにとってもしっかり理解し、慎重に行う必要があります。

不妊治療にはリスクが伴います。どのようなリスクがあるかについては
その都度先生からお話があり、患者さんの同意を頂いてから行われます。

OHSSについて
(画像:荒木重雄 医学書院 不妊施術ガイダンス改定第2版)

不妊鍼灸で妊娠された方の喜びの声
体外受精前に妊娠でき、今、8カ月目です
冷えが改善し、鍼で初めて妊娠できました

初めての移植で妊娠できました H.K様 35歳 足立区

タイミングから始めた不妊施術もなかなか効果が出ず、2年たって家の近くにあったすずらんさんへ。
体外受精と並行して通い、少しずつ受精卵が良くなり、初めての胚盤胞移植で妊娠できました。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

順調に体外受精に進めました M.U様 44歳 茨城県

2年間、不妊で何度もくじけそうな気持ちになっていましたが、先生の人柄、言葉もあり、自然と頑張れている自分になれました。適格な鍼灸施術と妊娠においてのメンタル面においてとても感謝しています。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1,2回目は流産。3回目の移植で妊娠 M.H様 39歳 さいたま市

鍼灸開始5か月後くらいに3回目の排卵では数もとれて、グレードはアップしました。移植後、無事妊娠し、順調に経過しています。

妊娠前、妊娠後ともに血流を良くすることはすごく大事です。不妊症の方は、施術の選択肢の一つとして考えてみるといいと思います。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回限定料金~不妊専門のすずらん鍼灸院

執筆者

すずらん鍼灸院 院長プロフィール

https://tokyo-slc.net/wp-content/uploads/2024/05/shinkyu-road1-7.pdf
すずらん鍼灸院 院長プロフィール

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許

はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体

奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

不妊鍼灸について詳しくはこちら

この記事に関する関連記事

すずらん鍼灸院